注目の記事 PICK UP!

令和2年5月14日

日々状況が変わる。
会社の事、個人の事
記録として書き留めておこう。

5月31日予定していたワークショップは、8月頭に延期する方向で調整中。

持続化給付金は、5月8日金曜日に申請した。今週中に新型コロナウィルス感染症拡大防止協力金の申請も行う予定。

新しい時代に向けて模索中

スマホがあれば、どこでも仕事ができる。
多くの企業がリモートワークをしている。
Zoomなどのテレビ電話での会議が当たり前になったおかげで、時間をかけて打ち合わせに行くことがなくなる。打ち合わせは、テレビ電話で良いだろうという認識になる。
川崎から電車に乗り打ち合わせに行かなくなるのは嬉しい。
移動時間という無駄な時間もかけなくて済むし。
無駄な会議も減るだろう。

新型コロナウィルスが流行る前に考えていた3つの新規事業。

一つは、この現状でも進められそう。ブラッシュアップして進めて行こう。

プライベートでは、子供たちのサポートで結構時間をとっている。

小学生の娘には、通っている塾が5月からスタートしたZoomオンライン授業のサポートをしている。もう慣れてきたみたいで、わたくしがいなくても勝手にやってくれそうだ。しかし、学校から出ている課題は、分からない箇所を教えるのだが、分からない箇所が結構多いので時間が取られる。

横浜の中学に通う息子は、学校から出された課題をすぐ終わらせてやることないというので、午前中の授業や課題を作る日々。

勉強は、通学しなくてもできる環境が急速に発展してますね。

本日マスクが届いた。

これからのレッスン
緊急事態宣言が出され、スタジオでのレッスンができない中、多くのダンススタジオはオンラインレッスンを行っている。オンラインレッスンとスタジオでのレッスンは別物だが、それを組み合わせることが未来のダンスレッスンのカタチとなるのではないか。

コロナウィルルスが流行する以前の生活には戻らない、という言い方より進化していくという言い方がいいだろう。

新たなレッスンの提案は、数多ある。
あえて雑に書きます。

スタジオの新サービスとして、ダンススタジオのレッスン後に会員はダンス動画を先生に見てもらう
先生は、その動画を見てアドバイス

赤文字はオフライン(通常レッスン)、青文字はオンライン。通常レッスンにオンラインも導入。
通常のダンスレッスンと個別レッスンの中間のカリキュラムを作り、会員の満足度を上げる。
個別レッスンまで高い料金設定にはできないが、通常レッスンより高めの値段設定にすれば、ダンススタジオもダンサーも良い環境になると言える。

関連記事

  1. 椎間板ヘルニアで検査入院

  2. 令和2年4月11日土曜日

  3. 七転八起

  4. 令和2年4月7日

  5. 椎間板ヘルニア3週間

  6. 腰椎椎間板ヘルニア再発から1ヶ月と1週間

  7. 椎間板ヘルニアの記録

  8. 腰椎椎間板ヘルニア術後3週間

  9. 【MHK】に出演させて頂きました。

PAGE TOP